新しい街や新しい家は気に入りましたか?

新しい街や新しい家は気に入りましたか?最近の引越で特に多いのが、引越し先のキッチンが電気式の場合です。最近のアパートやマンションはとくに火事を恐れて、電気式のキッチンになっています。これは火力ではなく電力でお湯を沸かしたりフライパンを温めたりします。これはこれで素晴らしいのですが、実は問題があります。この電気式のキッチンに対応しているフライパンでないと熱が伝わらないのです。ですから、引越し先のキッチンが電気式なら、今あるキッチン用具は全部使えないので、新たに買い直しが必要です。ですから思い切って捨ててしまいましょう。電気式のフライパンはIH用という札が着いているので、それを目印に選んでください。

引越し費用を値切りました

引越しをする時に見積もりをするのですが、その時に値段交渉をして、かなり値切ることに成功しました。
ボーナスが出なくて困っていると言ったら、引越し業者に人が、値段をかなり安くしてくれて、費用をあまりかけずに引越しをすることが出来ました。
これから引っ越しをしようと思っている人は、できるだけ値段交渉を行って、少しでも費用を安くする努力をした方がいいです。
そうすることで引越し費用を節約することが出来て、経済的に引越しができます。

引越の時の荷物を詰めるコツ

引越の時、ダンボールに荷詰めすると思いますが、ポイントを押さえてしていけば、荷ほどきするときに、とても楽になります。
まずは、使わないものから詰めていき、重いものは下、軽いものは上に置くようにしてください。
無理に詰めると、持ち運びが難しかったり、途中で底が抜けたりするので、自分が持てる程度の重さにし、あまりぎゅうぎゅうに詰めず、適度な隙間を空けて、その隙間は新聞紙などで埋めるようにしましょう。
引越の時は荷物が多く、どのダンボールに何が入っているのか、しっかりと箱に書くようにし、蓋は必ずダンボールなどで止め、ゴミ袋など郷土の弱いものに荷物を詰めないようにする、というのが、基本的なことでありながら、大事な事です。
焦って色々と適当に詰めると、引越後色々と大変になるので、計画的に荷物を詰めていきましょう。

荷造りをしているとき自分の買った物を不思議に思う

私は、引越しで荷造りをしているとき「何でこんな物を買ってしまったんだろう?」と、自分で自分の買った物を不思議に思うことが多々あります。引越しというのは、自分が持っている荷物をすべて整理しますので、中にはそういった物も出てきてしまいます。
私は、以前に引越しの荷造りをしていたら、ギターケースだったり、まったく使っていない水筒だったり、壊れてしまったアロマディフューザーであったりなどが出てきて、その処分に頭を悩ませたことがあります。
それは、おそらくそのとき必要だったから買ったのでしょうが、たとえ買ってもそれ以降使っていなければ、引越しのときの文字通り「お荷物」になってしまいます。ですので、引越しというのは、自分が何を今まで買ってきたのかを客観的に考える良い機会だと私は思っています。

▽▼引越しのことならこのサイト!▼▽
引越し情報のまとめ~費用の相場から業者まで~

引っ越しとき、厄介なのは冷蔵庫

引越しで一番厄介なのは荷造りですが、特に冷蔵庫は厄介ですよね。冷蔵庫の中身は皆さんどうしていますか?この中身を一度そのままにして引っ越ししたことがありますが、これは危険です。冷凍庫の氷が溶けて中がびしょびしょですし、卵などや豆腐などが冷蔵庫の中でごった返していて、夏場だったので腐って大変でした。そこで考えたのが、最後の日の冷蔵庫の中身を全部使って調理するという手段です。これなら最後の晩餐に引越しに手伝いに来てくれた皆さんに手料理をおもてなし出来て、冷蔵庫も綺麗になるということで一石二鳥でいいアイデアでした。最後に残る食材は大抵なまものが多いのです。普通なまものは最初に食べているはずなのに、引っ越しと時はなぜかなまものが多い。これは注意したほうがよろしいでしょう。

反省した引越しの思い出

引越し準備を甘く考えていたせいで痛い目に遭った経験があります。
夫が引っ越し直前に仕事が忙しくなり、ギリギリまで梱包をしなかったせいで、
一人で黙々と作業をしなければならない羽目に。
子供が小さく、昼間はなかなかはかどらないので夜しようとしても寝かしつけながら
寝てしまい、結局前日に徹夜で作業をしました。

★引越し 費用の情報が満載!
単身赴任の引越しをサポート!気になる費用・サービスを徹底調査

それでもまだ梱包が終わっていない物が家中にあり、作業員の方が箱詰めをしながら
運びだしてくれたので感謝してもしきれない、とても反省した引越しの思い出です。。